アルバイト看護師は今人気の働き方です!

看護師アルバイトの概要について

看護師という専門職は、アルバイト勤務など無いと思いきや、そんなことはないんですね。看護師でも、アルバイトやパート勤務は存在します。

これは医療機関によりますが、現在は看護師不足であることから、忙しい時間帯だけでも看護師の人数を確保したいため、短時間勤務が可能となるアルバイト看護師やパート勤務が存在するのだといえます。 看護師のアルバイトの概要について、もう少々詳しくみていくことにしましょう。まず、看護師のアルバイトの場合、仕事の内容や雇用条件、勤務期間などは職場によってバラバラです。

求人数は、多いと言い切ることはできないものの、比較的すぐにアルバイトの求人を見つけることができるのではないでしょうか。 また、アルバイト勤務のメリットを上げるとするならば、やはり自由度が高いことを上げることができそうです。自由度とは何かといいますと、例えば勤務時間や休みに関してが当てはまるでしょう。

基本的に、看護師として働く場合、とても多忙だといえます。勤務先によりますが、正職で働くということであれば、残業は当たり前だといえますし、自由に休みを取ることは難しいでしょう。しかし、アルバイト勤務の場合は、勤務時間自体がそもそも短くなっていますし、休みも取りやすいといえます。そのためか、アルバイト勤務する看護師の多くは、子育て中の女性や家庭を持っている女性が多いのです。
夜勤専従看護師の魅力は?

ちなみに、アルバイト勤務の求人を出しているところは、どのようなところなのでしょうか。一般的には、外来やクリニックが多いといえそうです。

このように、看護師のアルバイト勤務について解説していきましたが、1つ気をつけておきたいことがあります。それは雇用条件についてです。 アルバイト勤務の場合、保険や年金などが一切つかないことがありますし、そもそも年休を取ることができないケースもあるようです。つまり、なんらかの保証を求めるのであれば、アルバイト勤務は向いていないということですね。

看護師の職場と人間関係について

看護師という仕事に限ったことではありませんが、人間関係の悪化を理由に仕事を退職する人は多いですよね。 その他の職業と比べて看護師の職場は人間関係が悪化しやすいと言われますが、実際にはどうなのでしょうか。

実は、看護師が退職した場合の理由として挙げられることが多いのは、人間関係の問題よりも妊娠や子育てによるものです。 妊娠をしたことがきっかけで職場を離れ、そのまま看護師からも離れてしまったという人が少なくありません。

看護師は女性が多い仕事ということもあり、この理由は頷けますね。 ですが、人間関係が悪化したために辞めたとは言いにくい人も多いようです。

そのため、本当の理由は人間関係の悪化にあるものの、表面上は残業の多さや勤務時間の問題を理由にして退職をしていることがあります。

単なる人間関係の悪化が問題になっているのであれば、なんとか我慢して働くという手もあるでしょう。 どの職場にも合わない人はいるものです。 しかし、看護師という職業は、医師と同じく患者さんの命に関わる仕事をします。

仮に仲が悪い人同士で関係が悪化し、重要な伝達事項がうまく伝わらないようになった場合はどうでしょうか。 もしかしたら患者さんの命を脅かすような結果にも繋がってしまうかもしれません。

そういった事故を未然に防ぐため、人間関係の修復ができない状態になってしまった時に仕方なく職場を離れる看護師もいるようです。

どうしても今の職場では働き続けることが難しいと感じているのであれば、思い切って転職活動をしたほうが自分に合った職場で働くことができるようになるかもしれません。

転職活動をする際には必ず前の職場を辞めた理由について聞かれることになりますが、その時には人間関係の悪化が原因だと正直に答えると印象が悪くなってしまいます。

できることならば自分のスキルアップのため、というように前向きな理由を転職理由として挙げられるように考えておきましょう。

看護師の仕事とパワハラの問題

テレビドラマなどでもよく看護師に対して医師が冷たい態度を取るようなシーンがありますよね。 このようにパワハラの問題に悩んでいる看護師は少なくありません。

また、上司からのパワハラだけでなく、同僚からのパワハラに悩んでいる人も多いようで、精神的な苦痛に耐えかねて職場を離れる人もいます。

パワハラがあるような職場では当然ながら楽しく働くことはできませんよね。 看護師という職業は患者さんの命に関わる大切な仕事であるため、ミスなどをした際に上からきつく指導されるのは仕方がないことです。

しかし、パワハラとしか取れないような度を越す指導があった場合は、転職などによって職場を移ることを検討してみてもいいかもしれません。

それから、看護師という職業は女性が多いため、男性の看護師はまだまだ働きにくいと言えるでしょう。 周りの女性看護師からのパワハラを受け、男性看護師が仕事を続けられない状況になってしまったというケースも珍しくありません。

女性看護師であったとしても医師の他、同僚看護師や師長、主任など、様々な立場の人と触れ合うことになるので、かなり指導がきつい人にあたってしまうと大変です。

ただ、自分の立場が相手よりも下だからといって、パワハラを見過ごすしか方法がないわけではないのです。 一人で悩んでいるとどんどん追い込まれてしまうので、仲間や同僚、上司などに相談をしてみてはどうでしょうか。 どうしても周りに相談するのが難しいということであれば、組合に相談するというのもおすすめです。

組合に相談することすらも難しい場合はどうすればいいのかというと、厚生労働省労働局が設けている総合労働相談コーナーに相談をすることも検討してみてはどうでしょうか。

注意しなければならないこととして、あくまでこれは相談という形になるわけなので根本的な原因の解決には結びつかない場合があります。

どうしても職場環境がひどいということであれば、我慢するのではなく新しい職場に移るのがおすすめです。

↑ PAGE TOP