療養型病院は働きやすい?

療養型の病院なら看護師の仕事は楽?!

大きな病院に勤めていた看護師や、多くの患者が殺到するような病院などで勤めていた看護師の中には、療養型病院で働くことを希望するケースがあるようです。

おそらく、いままでよりも患者に寄り添った医療に携わりたいということや、もっとゆったりと仕事がしたいということを考えて、勤務することを希望しているのだといえますが、それは甘い考えです。 なぜなら、療養型病院は、決して楽な仕事ではないからなんですね。そこで、療養型の病院なら看護師の仕事は楽なのか?という点について、もう少々詳しく見ていくことにしましょう。

そもそも、療養型といっても2つのパターンがあるといわれています。1つは、医療保険が適応される医療型、もう1つは介護保険が適応される介護医療型です。

各病院によって、両方が一緒になっているなど、様々な形態がありますが、その中で最近利用が増えているのは高齢者です。特に、病院へ入院するまでもないけれど、自宅で自活することができないという高齢者が多いと言われています。

看護師が携わる業務の大半は、健康管理や身の回りのお世話といったことになり、例えばバイタルチェックや注射はもちろん行いますし、食事の介助にも携わります。 外来から急に入院してくるというような、急患がある環境ではないため、比較的毎日の業務を淡々とこなしていくというイメージが合っているようです。

また、治療を行う為に入院しているということではなく、体力が回復するまで療養するために入院しているため、高度な医療技術が求められることもありません。 ただし、高齢者が増え続けていることから、一人で多くの高齢者を見なければならず、人手が足りないともいわれています。毎日忙しくなることは、覚悟しておいた方が良さそうです。

このように見ていくと、決して楽な仕事ではないことが分かりますが、一般的な病院とは違った経験ができる、やりがある仕事だといっても過言ではないといえます。仕事の特徴をよく理解し、看護師としての役割を果たしていきたいものです。

↑ PAGE TOP