大学病院で働くメリットとは!

看護師の勤務地〈大学病院〉

大抵の場合、総合病院に良く似た機能である大学病院は、医科大学や大学の 医学部に併設されている病院であり、医学生が卒業した後に初めて研修を 行う病院でもあります。

とりわけ国立の大学病院というのは地域の為に高度な先進医療を提供して いる特定機能病院でもあります。そして看護師の勤務地の1つです。

大学病院であるために、スタッフは当然ながら大学の関係者がほとんどで、 医師も教授や准教授といったレベルの高い人たちが多くいます。 看護師についても専門看護師や認定看護師といった一定のレベルよりも 高いレベルの人がたくさん存在します。

スタッフへの教育も非常に熱心であり、最先端の医療を学ぶ事ができます ので、レベルの高い現場で働きたいという意欲のある人にとっては非常に 刺激的な職場であると言えるでしょう。

しかし、残念ながら市民病院や市立病院よりは看護師の仕事が少なめなようです。 大学病院では研修医が研修をしていますので、仕事を回すことも多く、 人材も豊富で、仕事の範囲も極端に狭まることもあります。

その中でも特に国公立大学の病院というのは非常にたくさんの看護師を 雇用しているために、激務でないのにも関わらず、給料が高くて恵まれた 環境だと言えるでしょう。格安な寮も借りられるので本当にお得です。

それではそのような大学病院で働きたい場合はどうしたら良いのでしょうか。 大学病院の数はたくさんありますし、求人も多いので転職情報サイトを利用 して調べてみるのが近道でしょう。

ただし、大学病院はやはり人気で、競争率が高く、資格を取得してキャリア アップを図りたいと考えている志の高い人がたくさん集まってきますので、 自分自身もそのような心持ちでないと務まりません。

もちろん先述した通り、仕事が多いわけではありませんので、看護師の仕事を したい人には不向きかもしれません。ただし、大学病院では勉強に割ける時間が 多いので、やるべき勉強に時間を費やすことも貴重な体験になると思います。

↑ PAGE TOP