看護師になりたい方はチェックしておきましょう!

看護師の受験資格が得られる学校とは?

看護師になるためには、看護師国家資格を取得しなければなりません。しかし、受験資格を得る方法が数通りあるため、事前に確認しておく必要があるでしょう。 それでは、受験資格が得られる学校についてピックアップし、ご紹介していくことにします。

学校は、大きく分けると5パターンあり、学びたいことや働き方によって、 進路が変わってくるといえます。具体的には、高等学校衛生看護科、 准看護師学校、看護系の大学、看護専門学校、看護短大の5パターンとなり、 それぞれに特徴があります。

まず、高等学校衛生看護科についてですが、看護師になるための最短コースを 選択したいのであれば、こちらの学校へ進学した方が良いでしょう。

5年間の一貫教育となっており、高校を卒業してから、准看護師の試験を すぐに受けることができるというメリットがありますが、准看護師制度廃止 の話が出ていることから、数年後になくなる可能性があります。

次に、准看護師学校についてですが、働きながら学校で勉強をしなければ ならないケースがあるため、慎重に選んだ方が良いといえるでしょう。

3つ目の看護系の大学ですが、こちらは、看護師以外の知識も身につけたい 場合に、おすすめの進路だと言えます。また、より専門性を追求していき たい場合は、大学院まで進む人もいるようです、

4つめの看護専門学校についてですが、学校によって特徴に違いがあるものの、 日本国内では最も進学する人が多い学校だといわれています。実習が多いため、 資格取得後は、即戦力として活躍する人も多いようです。

最後の5つ目は、看護短大です。学校の数が少ないことから、短大を卒業して 看護師を目指す人が少ないともいわれていますが、看護以外のことも学びたい 人には、向いている学校だといえるでしょう。

このように、看護師の受験資格を得ることができる学校についてみて いきましたが、いかがでしたでしょうか。同じ看護師の勉強でも、 学校によって特色がありますので、事前にチェックしてから資格取得方法 を決めることをおすすめします。

↑ PAGE TOP